「北朝鮮からミサイルが発射された」横浜市総務局危機管理室が誤報

 10日の11時20分ごろ、横浜市総務局危機管理室が公式Twitterで「北朝鮮からミサイルが発射された」という誤報を掲載した。

 同アカウントは「【ミサイルの発射】こちらは横浜市です。○より本日○時○分ころ(さきほど)、北朝鮮からミサイルが発射されたとの情報がありました。テレビ・ラジオ等で今後の情報に注意してください」と投稿。◯の部分に具体的な数字が書かれていないことから、一時騒然となった。

 21分後に「【誤報】先ほど配信したミサイル発射の情報は誤りです。お詫びして訂正します」と訂正されると、インターネット上では「実際にミサイル発射があったとき用の予定稿なのでは」などと指摘する声も上がった。また、この誤報に対して「やめてほしい。一番間違えちゃいけないところ」「しっかりしないと」などの批判が寄せられた。

関連リンク

  • 4/10 13:59
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます