漫画家の相原コージ氏が「吹き替え」の演技を酷評

 漫画家の相原コージ氏が、映画『TIME』の吹き替えを酷評して話題になっている。

 相原コージ氏は3日、自身の公式Twitterで、ヒロイン役の吹き替えに対して「これじゃ映画そのものも関わった人達も余りに気の毒。キャスティングした奴は切腹すべき。」と辛辣なコメントを寄せた。

 これに対してインターネット上では「珍しいなそんな事言う人でもないのに」「字幕で見ればいい」など様々な声が寄せられた。

関連リンク

  • 4/4 19:36
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます