ライセンス井本 若き日の「ネタ見せ嫌だ」オーラのすごさ

 お笑いコンビのライセンスが、6日発行の有料Webマガジン『Magalry』で過去のトラウマを明かした。

 ライセンスの2人は『Magalry』のスタッフから提案された「ブレイクするためにはダメ出しを受け入れたらどうか?」という提案に対して「絶対、嫌ッ!」と拒否。その背景に、駆け出し時代の嫌な思い出があることを告白した。

 藤原一裕は、テレビ局員ら関係者の前でネタを披露する「手見せ」の際に、相方である井本貴史の態度が悪かったことを暴露した。当時は井本のテンションが明らかに低く、ネタを披露するときの声が小さかったり、途中でネタを打ち切ることも少なくなかったという。それに対して井本は「なぜに、会議室の長テーブルの前で、ネタをやらなくちゃいけないんだ」と手見せに対する抵抗感を語った。

 嫌々ネタを披露する相方に、藤原は居心地の悪さを感じていたことを告白する一方で、井本も「若いころの話とはいえ、恥ずかしくなってきた」と、すっかり反省した模様だった。

関連リンク

  • 3/6 18:00
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます