フジテレビプロデューサーの「口パク禁止令」にネット騒然

 フジテレビの「きくちP」こと、きくち伸プロデューサーの発言が話題を呼んでいる。

 きくち氏は5日に更新した局内の公式ブログで、同氏の担当する『MUSIC FAIR』では、歌手の「口パク」を受け入れないという方針を発表した。口パクとは、事前に吹きこまれた音声をなぞって歌手が口を動かす演出のこと。

 同プロデューサーによると、すでに『僕らの音楽』『新堂本兄弟』では口パクなしの取り組みは実施されているが「多くのゲストを擁する音楽番組としては、画期的な取り組み」とのこと。また「歌手であるからには、フツーに歌えることが絶対条件」という見解を披露した。

 これに対してインターネット上では「歌で認められる歌手が出てくるのはいいこと」と歓迎する声がある一方で「残れる歌手やアイドルがどれくらいいるやら」「ダンスが激しいのなら口パクでしょうがない」と、従来の口パクを維持したほうがいいのではという声が寄せられた。

関連リンク

  • 3/6 14:02
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます