『笑っていいとも!』番組の演出内容について謝罪

 1日放送のフジテレビ系『笑っていいとも!』で、生田竜聖アナウンサーが番組の演出内容について謝罪した。

 生田アナは「今週のいいともCUPは週の前半に雛人形の的を使用しました。皆様が大切にされている雛人形を的にするという演出は配慮が欠けておりました。誠に申し訳ございません。お詫びいたします。」と視聴者に向け頭を下げてお詫びした。会場に一瞬の沈黙が訪れた後、番組は通常通り来週の告知をして終了した。

 2月25日から始まったミニゲーム「曜日対抗いいともCUP」は、雛人形に扇子を投げ得点を競うという内容だった。このゲーム内容に対してネット上では非難の声があがり大きな注目が集まっていた。28日からは、台形の白い板に扇子を当てる内容に変更されていた。

 この謝罪にネット上では「出演者から謝罪はないのか」と、さらに追及する声がある一方で「ただのゲームなのに」「そこまで気になる事かな」と擁護する声が寄せられた。

関連リンク

  • 3/1 13:39
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます