脚本家の虚淵玄さんが「裏切り」に激怒「絶対に許さない」

 アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS』が代表作として知られる人気脚本家の虚淵玄さんが「裏切り」にあったことを告白したツイートが話題を呼んでいる。

 虚淵さんは19日、本人のTwitterで「とある裏切りに大変腹を立てており、困ったことに相手は許されてるつもりでいるらしい」と告白。

 「だがさらに困ったことに、その裏切りが産み落とすモノは価値ある成果を残す可能性を秘めている。許したと勘違いさせたままでは駄目だが、謝罪を求めれば産まれ出づるモノの価値を否定することにもなる」と続け、葛藤ものぞかせた。

 一方、裏切りに対し「許さないし、謝罪も求めない。その代わり、私を怒らせただけの甲斐がある素晴らしいモノを産み落としていただきたい。それが一番建設的な未来だ。間違っても謝る羽目になるようなもん作るんじゃねーぞ」と、応援する姿勢も見せファンを安心させた。

  • 2/20 14:03
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます