眞鍋かをりが「封印」した恋愛

タレントの眞鍋かをりが、恐ろしくなって「封印」した恋愛について有料Webマガジン『Magalry』で告白した。「このまま引き返せなかったらヤバい」と危機感を覚え、現在は足を踏み入れていないという。

『Magalry』19日から始まった有料Webマガジンサービス。眞鍋がハマったというのは「イケメンSPに守ってもらう・社長と結婚する」といった非日常的な恋愛を楽しむ女性向けゲームの一種、「乙女ゲーム」。プレイしている時には「脳内から何かの物質が出る」と、並々ならぬ思い入れを明かした。

ゲームを始めたきっかけは、周囲の女友達が遊んでいるのを見たこと。眞鍋本人も試しにプレイしたところ、その魅力にハマって抜け出せなくなったという。

作中で好みのキャラについても眞鍋は熱く語っており、今まで気づかなかった自身の恋愛傾向を発見するとともに「痛い」と反省したエピソードを告白。「彼氏」の魅力を語るうちに、「アレ? みんなついてきてる? 大丈夫?」と、少し不安ものぞかせていた。

Magalry/マガリーはこちら

関連リンク

  • 2/19 17:00
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます